兵庫県の方におすすめのおせち料理

おせち料理は1年の初めに食べるものですので、豪華に美味しいものを食べたいですね。

 

このおせち料理ですが、地域によって違いがあり兵庫県も兵庫県独自のおせち料理があります。

 

地域ならではのおせち料理というのも大事にしないといけませんが、年末年始って何かと慌ただしいですし、今は自分たちで作って食べるよりも購入するというのが一般的ですね。これなら手間暇かからず美味しいおせち料理が食べれますから。

 

そこで、兵庫県の方におすすめのおせち料理を以下で紹介しておきますね。

 

おすすめのネット通販おせち

匠本舗

匠本舗
おせちのネット通販で圧倒的な人気なのが匠本舗です。毎年かなりの量熟れているので安心して注文することができます。

 

どこにしようか?と迷っている方はこの匠本舗を利用すると間違いないでしょう。

 

 

オイシックスおせち

オイシックス
オイシックスのおせちも人気ですね。素材にかなりこだわっているおせちです。

 

兵庫県のおせち料理・お雑煮の口コミ

神戸のお雑煮はなんといっても白い部分が多いのが特徴です。

 

白い部分というのは、まずはおもち。角型のおもちを使う家庭も多いですが、やはり縁起をかつぐという意味で円型のおもちを使う家庭が大半といえます。

 

さらにおみそは白みそが人気です。あわせみそや赤みそは普段から食しているとあって、お正月には白みそで……という意識が働くのだとか。白みそ特有のやさしい色合いとほのかな甘さは、大食いになりがちなお正月にはうってつけといえましょう。

 

具材にはお豆腐、玉ねぎ、三つ葉、ニンジン、ダイコンなど。こちらもやはり縁起物だからか、金時ニンジンやクリの甘煮を入れることもあります。なお、味付けそのものはやや薄い目です。

 

また、おせち料理に関しては海産物が多い、という特徴があります。港町神戸では新鮮な海産物が手に入りやすいのです。

 

ニシンにカズノコ、有頭エビ、昆布巻きなどなど。家庭によってはさらにブリの照り焼きやゴマメも加わります。

 

冬の終わり頃にはこの地域特有の「いかなごのくぎに」というものがあります。いかなごを醤油、みりん、砂糖などで煮詰めたものです。出来上がりが「釘(くぎ)」のように見えることからこの名が付いたのですが、神戸ではこの「いかなごのくぎに」をおせち料理で練習する、という家庭も。

 

全体的に海産物が多いおせち料理ですが、もちろん山の幸も他地域と同じように入っています。黒豆、かまぼこ、伊達巻が代表的です。

 

最近ではハムやソーセージを入れる家庭も増えています。

 

他の地域も同じかと思いますが、三が日をおせちで過ごすという都合上、水気の多いものなど、保存に適さない食材はほとんど使われません。

 

また、神戸では「くわい」は関東ほどには食しません。

私自身の出身は大阪ですが、ご先祖様は兵庫県美作市あたりと聞いていて、レシピが代々受け継がれているようです。

 

おせちはごまめ・黒豆・かずのこは必須。

 

たこの煮物・あとはエビ・紅白かまぼこ・だし巻きたまご・銀杏の煮付け・昆布巻き・にんじんや大根など根菜類の煮物といったところでしょうか。

 

兵庫県といえば明石のタコが有名ですね。明石に近いこともあってタコの煮物があるのがこの地域の特徴かもしれませんね。

 

そしてわが家系の独自のモノといえば大きな百合根をまるごと煮付けたものがあります。これがおせちのマスの中にどーんとのっていたりします。

 

なぜ百合根なのか祖母に聞いてもはっきりとはわかりません(祖父の家系のレシピですが、祖父はすでに他界されています)。

 

祖母の想像でしかありませんが、祖父方の実家の地域では百合根を特産としていたのかもしれないとのことです。

 

お雑煮のベースはとてもシンプルです。

 

基本は醤油ベースでカツオダシをよく聞かせたお汁に、丸餅・紅白かまぼこいれて、そしてやっぱり百合根を入れます。ただ、おせちのように百合根をまるごと入れるのはさすがにムリがあるので、数枚分を入れます。

 

そして最後に三つ葉をちょっとちらして出来上がり。

 

若い人はお雑煮の具材が多いほうがいいみたいで、祖母が飾り包丁を入れた人参やら山芋やらしいたけやらほうれん草など入れてくれたりします。珍しいものではくわいの煮っころがしなんかもいれてくれたりします。

 

祖母の実家ではくわいが家の象徴的な食材なんだそうです。これもなぜなのかはわかっていません。

 

また、昔は白身魚を一緒に似ていたりしましたが、お魚が高くなった最近は鶏肉で代用していたりもします。

福良は母の故郷であり、淡路島の最南端に位置しており、鳴門海峡が目前に広がる地域です。この福良というところのおせちやお雑煮を紹介します。なお、私は男子厨房に入らずとのことで作ったことがないのですが・・・。

 

聞くと、お雑煮は白みそ仕立て。煮干しでだしを取り、にんじん、里芋、豆腐、大根などが具剤として入っています。

 

餅は丸餅で、一緒に煮込むのが特徴だそうです。薄口しょうゆやかつお出汁も使うようですが、祖母は隠し味で酒粕も入れていたようです。そしてほんのり甘い、とろりとした出汁にこれまたとろりとしたお餅が出来上がります。

 

これが本当に絶品なのです。

 

甘めのお雑煮なので我々子供連中には大人気でした。「いくらでも食べられる!」と言ってお雑煮ばかり食べていました。一度、滋賀のはとこが遊びに来たことがあるのですが、そのおいしさにビックリしていました。

 

おせちはごくごく一般的な印象があります。四段重ねで黒豆や数の子、かまぼこや昆布巻き、だて巻きゴボウ煮、エビ、等々。

 

なお、福良は近隣に漁港があるので釣った魚がすぐに楽しめる土地です。正月も例外ではないようで、おせち料理の鯛も刺身のときがありました。鯛はおせち料理では焼くのが普通と聞いた時はピンとこなかったものです。

 

そもそも海産物店を営んでいた祖父は日常からどこからともなく色々な魚を手に入れてきていました。イカやタコ、ガシラ、クロダイなどなど。ですから刺身をはじめ魚料理はごくごく身近な料理でした。

 

ですから年によってはおせち料理にこれらの魚料理がプラスされていました。刺身はとても美味しかった記憶があります。なお、お雑煮の方が圧倒的に人気なので、おせち料理はいつも余っていました。

私の住んでいる地域名は、兵庫県明石市という所です。子午線の街で有名な明石市ですが、海が近くたこや穴子が有名です。

 

近畿では、一般的に白味噌仕立てのお雑煮を食べることが多いのですが、兵庫県は白味噌とすましどちらも食べることが多く、特に明石市では出汁に焼き穴子を使って出汁をとる習慣があります。

 

焼き穴子が明石市ではよく食べられているし、売られていて穴子の頭や尾を焼いてから、昆布と一緒に出汁をとり、身の部分も焼いて焼き穴子にしてから、大根や里芋、そして焼いたお餅や煮たお餅と一緒にのせて頂きます。

 

この味付けを関東のように醤油ベースですまし汁にする家もあれば、白味噌仕立てにする家もあり、兵庫県はどちらの家も見られます。

 

明石市ならではの焼き穴子の香ばしさや穴子の旨味がしっかり感じられとても贅沢なお雑煮です。

 

またおせち料理には、まずは祝い肴三種と呼ばれる、数の子や兵庫県で有名な黒豆、そしてたたき牛蒡をいれます。たたき牛蒡は、関西ならではのメニューのようですが牛蒡を茹でて醤油や酢に和えたもので、スーパーでも売ってます。

 

そして、魚は鰤をいれる家や明石鯛をいれる家が非常に多いです。鰤は縁起物として正月料理には欠かせなく、日持ちするように照り焼きにして甘辛い味付けにして、おせちにいれています。

 

また明石では、明石ダコを甘辛く煮たものをいれる家も多く、明石市で有名な魚の棚でも正月前にはたくさん売られていて、弾力のある明石ダコのプリプリな食感と甘辛いタレはとてもよく合い、美味しくて日持ちもするためおせち料理にはピッタリの一品です。

 

そして全体的には、どの料理も薄口醤油や出汁で味付けをしてあるものが多く、素材の味も楽しめる優しい味のお料理が多いです。

私が育ったのは、地域名では関西です。関西も広いのですが、私が育ったのは兵庫県でした。

 

兵庫県と言っても広く、甲子園と言えば分かってもらえると思います。実家は商家でした。

 

子供のころには母は忙しくしていたので、おせちは母の実家、つまり祖母が作ってくれていました。祖母の住んでいたのも甲子園です。

 

祖父母は丹波の出身でしたので、おいしい野菜を丹波から送ってもらうことも多く、年末が近づくと黒豆などお正月のための準備をしていました。黒豆はぷっくりとしわがないのが特徴でした。

 

野菜の煮物のために、まずだし汁を作って、ゴボウやダイコン、にんじん、れんこん、こんにゃく、たけのこ、さといもなどのお野菜をそれぞれ別の鍋で煮て、それぞれに味付けをしていました。

 

数の子も皮をむいて味を付けます。大根と人参で作ったなますもありました。

 

鯛は魚屋さんで焼いてもらっていました。重箱に、煮物や鰤を焼いて味付けしたもの、かまぼこ、くりきんとん、黒豆、なますなどを入れていました。

 

母は祖母が作ってくれたおせちとともに、自分で作ったお雑煮をお正月のお膳に出してくれました。母のお雑煮は、前日の夜にお鍋に大きな昆布と水を入れておきます。

 

元旦の朝、鍋を火にかけて昆布を取り出し、大根と人参を入れて火を通します。関西では大根と人参の細いものをお正月用に売っています。人参も赤い京人参です。

 

それぞれを小口切りにします。小さな白い丸と赤い丸。

 

かまぼこは高級な焼き蒲鉾です。

 

ここに白みそを入れて味を調えてから、家族に「おもち何個」と聞いてくれます。それぞれが食べる数を申請すると、母は丸餅を鍋に投入。餅がやらわかくなったらできあがりです。

 

お椀にもって三つ葉を添えます。人参も大根も餅も丸く、白いお雑煮は私のお雑煮でもあります。

 

アメリカに住んでいた時もお正月にはこのお雑煮を作りました。

正月の楽しみに、「料理」がありおせち、お雑煮は美味しいものです。これらの料理は、地域によって異なり食材は個性的です。

 

私が住んでいる地域名は、兵庫県になり関西風になります。

 

まず、おせちは、関西風には「ブリの魚」が入る事が多いです。ブリを食べる意味は、「立身出世の願い」が込められています。焼いたブリは、美味しく薄味のしょうゆベースが味付けです。

 

また、他の食材として、カズノコ、ごまめ、海老、くわい煮、肉巻きごぼう、ようかんなどが関西風おせちです。カズノコは、味付けが「薄口醤油と出汁」という薄味になります。反面、関東風では、濃口?油に砂糖で味付けしたカズノコが一般的です。

 

うどんのダシも、関西風は薄口醤油で関東風は、濃い口醤油ベースで見た目が黒いのが特徴です。そして、兵庫県のお雑煮は、関西風の特徴である「白みそ」のダシが基本です。

 

食材は、丸餅、揚げ、大根とシンプルな中身になります。

 

赤みそと違い、白みそは味が薄くさっぱりした口当たりが魅力です。丸餅と良く合い、白みそのダシなら何個でも食べれる感じです。実際、関西に住んでいる人は、正月のお雑煮で丸餅を多く食べる事が楽しみのケースも。

 

また、兵庫県の家庭では、ニンジンも入れる事もあります。我が家は、ニンジンが苦手なので入れないのが決まりです。その他の関西地域では、丸餅の代わりに「角餅」もあるようです。

 

しかし、大阪、兵庫県、京都では、丸餅の割合が高くなります。

 

兵庫県イコール関西風とは、対照的に関東風雑煮は、「すまし汁」が基本です。関西から東京に移り住んで、すまし汁の雑煮を食べると物足りない感じです。

 

やはり、白みそベースの味付けが美味しく正月以外でもお雑煮を食べたいほど好きな料理になります。

兵庫県のおせち料理を作っているお店

奥城崎シーサイドホテル

目の前に竹野浜海岸の広がる奥城崎シーサイドホテルが監修しているおせちが匠本舗より販売されていますよ。

 

ANAクラウンプラザホテル神戸

神戸市にあるANAクラウンプラザホテル神戸から発売されているホテルおせちもお人気が高いです。神戸を代表するホテルですからね。
住所:兵庫県 神戸市中央区北野町1
電話番号:078-291-1121

 

宝塚ワシントンホテル

宝塚市にある宝塚ワシントンホテルから発売されている手作りおせちです。黄綬褒章受章 島家料理長監修していますよ。
住所:兵庫県宝塚市栄町2-2-2
電話番号:0797-87-1771

 

神戸飯店

北京料入り伝統の味を残しつつ、神戸の新鮮な食材をふんだんに取り入れた神戸反転からもおせちが販売されていますよ。
住所:兵庫県神戸市長田区腕塚町5-5-1 アスタくにづか1番館3F
電話番号:078-642-4839